畑を耕す

春になり 土を起こしてみると 去年の遅くに植えた人参が 小さいままで 赤い色してでてきおった。女房に言わせれば皮を剥ぐのが大変で食うところがすくないというが、味は甘くておいしいものである。いっそスープなんかにすればいいのであろうが、そこまで行くのも大変なんであろう。土を除去するために。

ふと思う 自分も此の人参のようなようなものなのではないか、伸びきらず 出世もできぬ 男なんだか女なんだか ぐ。じぐじしおってとふと考えてしまった。作家作業もこういうものなかかと、ユーチューブで昔の作家の話をきいておった。

土起こし 赤き人参 小人なり


土を起こすと 昔の捨てられたのかどうか 懐かしいものがでてきてふとたちどまることもあるが、そういえば昔の愛犬 この庭のどこかに埋めたよなとおも思い鍬を慎重に動かしてもした。



さあ、自分は今年は茄子をたくさん植えて 昔 祖母が作ってくれた 青茄子の漬物を食いたいものである
posted by hosi at 04:14 | 青森 ☔ | 読書感想文