太宰の季節

友人が来て 斜陽館に行くことになったが アジサイの花が 妙に 道に青として目立つ 季節である。太宰も斜陽館の家の部屋から
この庭のアジサイを頬杖ついて眺めて ペンを走らせていたのかと思うと 感慨深い。

アジサイや 我のペン先 青すいて


青といえば 十二湖の青池も感慨深い

 蕗群青 守る沈木 青の池




人生は 7分目で 前に出過ぎず 無理をせず 枠はおおむね 離れずに 生きるようにするよと アジサイに返事した 一日であった。
posted by hosi at 04:27 | 青森 ☁ | 読書感想文