秋の気配

今日 祈願を山にかけて 八甲田に行って歩いてくる。 病気になっても 人間生きれるところまで 生きるさ、八甲田の 草花にその時の話を聴いてくる


夏終わる 木々の階段 山の道


心に 様々な思いを 抱き それらを 何とかせいと 祈願しつつ ゆっくりと 



posted by hosi at 04:31 | 青森 ☁ | 読書感想文