理系と文系の若者

理系は就職があり,文系は就職がないと世間は言っているが,お金はそれはそれで
文系の方が給料が少ないではあろうが,どんなもんだろう 夢を実現させるためには・・・

 理系で何もノーベル賞を取らなくてもマイペースで夢を遠く未来におかなくても いいのではなかろうか。
自分のペースで何か趣味的なものを持ち,それを拡大させて得意分野にしてゆくというのは
むしろ 人生全体から見て文系のほうに軍配が上がるような気もするが・・・。
今受験生は 将来に不安を持っているに違いない。 自分も若い時代にそうであったように。

理系にいったて,ある程度の才能がないと,逆に何かを奪われてしまうこともあるようだ。何がって
時間と自分の本当はやってみたい脳細胞の創造だよ。お金は生きるための手段に過ぎないことを頭に入れておいて欲しい。
創造は特別 文系だけにあるだけのものとは言わないが。

世の中には,どんな職業があるのかどうか。いろんな職業の人の本を読んで,自分でも
これだと思うものを選択して進んでもらいたい。小生は数学とか物理が好きではあるが,
受験勉強の数学と物理学は嫌いである。 それらの学問に悪いイメージが付いてくるようで。
本来ならば,学問と職業とは別個なもんであるべきであると小生は考えている
posted by hosi at 14:43 | 東京 ☔ | 読書感想文