藤沢周平の作品に触れてみよう。

藤沢周平の作品を読んで皆さんはどんな感想を抱かれるだろうか。

 藤沢周平の

「志たかく情あつく」 の新船海三郎 はいろんな角度から彼の作品を紹介してくれている。

 読書感想文のパクリとしては、多大の宝庫ともなるのである。人の評価文章の内容は、そういえば、そこのところ 確かにそうだよな と感じるところを うまく表現するということである。

 「井上ひさし」 にしろ 文学からにじみ出てくる 人間性を幾らでもパクリできるということである。

藤沢周平さんの文学を一言で言うなら、ヒューマニズムであるという。「雪間草」のように、春の足音を聞きつけて雪が解けて、面に出た大地の一隅から必ず芽をだす、それである。とこの本の著者は解説している。

 小生もそのような雰囲気を醸し出せる人となってみたいものであるよ

藤沢周平 志たかく情あつく

藤沢周平 志たかく情あつく

  • 作者: 新船 海三郎
  • 出版社/メーカー: 新日本出版社
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 単行本



posted by hosi at 07:22 | 東京 ☀ | Comment(0) | 読書感想文