友人といった 桜の林

CIMG0250-iimonnda.JPG友人が癌で亡くなり、しばし ブログをアップする 意欲をなくしていた。

 友人は自分の死というものを前にして、いろいろな心の準備をしていた。

 小生には計り知れなかった。 人間の死というものを、これほどまでに 考えさせられたことはなかった。 冥福を祈る。

いつかは自分もお迎えが来るときがあるであろうが、生きても死んでも
同じだとという境地にはいまだ至らない。

2年前に友人といった。桜林をUPする。CIMG0251 独占.JPG
タグ:桜の林
posted by hosi at 18:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | 読書感想文