週刊誌

週刊誌を久しぶりに 車内で読んでみた。社会情勢というものが、久々に把握できる。
というより むしろ、頭が欲していた。

 政治情勢など、政治家の動きがわかって、興味がある。

 テレビ、新聞の表面的なもの意外に 立体的な形が分かってきて 真実味がある。

 日本 民主党で内輪分裂している中で、ロシアは北方領土を固めているし、中国は其処になにがしらかの工場を建てれば、幾ら日本がロシアに自国だと言ったって 中国もまた・・・
そう ロシア側についてしまうから 日本は動きが取れない。

 それにしてもエジプトをはじめ近隣の諸国の民主化の波が中国にも及んでいる。

 中国国民をインターネット封鎖をして民主化の波を抑えようとしている中国政府のようだが、あの大国のインターネットを封じ込められるだろうか。

 もし、それで 封じ込められた中国国民だったら、よほどの腰抜け 国民であろう。
中国の方は考えて欲しい。確かに 中国は今進展しているが、それは表向きだ。発展している人はほんの一部の富裕層であるということを・・・。

 中国国民がいい暮らしをするために民主化にならなければいけない、民主化の確立のために今の体制を打破しなければいけないということを・・・。

 などなど 政治家でもない 自分がバスないで 考えた。 それにしても 今の日本ぼんくら 平和だな。
タグ:週刊誌
posted by hosi at 06:29 | 東京 ☁ | 読書感想文