こんな時、四書五経を読もう。

苦しくともいい、毎日 毎日 硬い本と無理して短時間であるが、付き合っておく習慣を
つけておくこと、そして それを継続すること。恋人のように 一瞬に 燃え上がらなくても
いい。
        時間が経てば、燃え上がるときが必ず 訪れてくる時がある。

 そして、人間がいつか 出来てしまうのである。四書五経 馬鹿に出来ないよ。

地味かな。
タグ:四書五経
posted by hosi at 05:16 | 東京 ☀ | 読書感想文