「土用東風」 は 夏の季語

くそ! と 思った。 なんだい この風は、東京の人には悪いが、東北の方に特別台風が来ているわけでもないのに、突風の原因で
自宅に帰ったら、女房の機嫌が悪い、何やら 風で庭の鉢が倒れて 何個も壊れたとか、小生に当たっても ショウガナイデハナイかいな・・。

 さて、この風にちなんだ 季語に「土用東風」(どようごち)というのがある。 土用といったら「うなぎ」という 乏しい発想しか 浮かばない小生だが、 夏の土用は、8月8日ごろ(立秋)の前18日間を示すのだそうだが、その 最も暑い時期に吹く東風のことだそうだ。

 それにしても東風として早くやってきたもんだな・・・。 くそ! てなワケだ。

「梅雨明けとともに東京はうだる暑さです。今日は少し強い風が吹いてしのぎやすいですが、これが土用東風というのだとか。この風があなたのところまで吹いて、少しでも涼しく過ごせたらと願って止みません。」 

・・・で書き出すお手紙 使えるよな 読書感想文のパクリの仲間たち諸君へ。 
posted by hosi at 07:01 | 東京 ☔ | 読書感想文