小生も十和田湖に行きたい季節になったわい。 今頃の十和田湖っていいんだよ。 それこそ、緑の中の人 一点てな感じ。

 十和田湖の休み屋に行けば、鮎の塩焼きの香ばしさをかぐことができるが、鮎にちなんだ いい歌があったよ。






「鮎焼くや 葛を打つ雨 また強く」 富安


「鮎は背につく、 鳥は木に止まる、人は情の下に住む」 (山家鳥虫歌)


「鮎釣らず 鮎の影せし 水掬う」 百合山

posted by hosi at 04:44 | 東京 ☁ | 読書感想文