中野孝次の論語

「幸福は天や神に求めるものではなく、正しい生き方から生ずる」

とあったが、年をとってくると、ワンパターンになってくきて、朝の神仏へのお勤め、座禅、食事などをしているが。でもこれって何かを求めている いわば人間について回るものではないかなとふと思った。正しい生き方って、いったいどんな生き方であろうか。社会的な善悪は別として人により違うのではと、でも座右の銘としてパソコンのそばに論語を置いといて行きがけに ぱらっとめくれば、何かを悟らせてくれるから不思議な本だよな論語は。
タグ:論語
posted by hosi at 08:25 | 東京 ☀ | 読書感想文