雪灯篭祭り と 鮪

地元津軽 弘前では雪灯篭祭りが8日開幕となるが、昨日は温度が高くなって せっかく作った雪灯篭も溶けてしまうのではという具合に小雨が降ってしまった。しかしながら 今朝は 玄関の戸を開けてみると たっぷりと寒波が雪を届けてくれ、
雪片付けもせにゃならんと心持 いやになったが、雪祭りにきてくれる観光客のために仕方ないか・・・。と自分に言い聞かせる。

地元の今朝の一句(俳句)

「鮪飛ぶ 海に猟師の 吠ゆる声」

 畑中

大間の鮪が1億円で売れたとかニュースになったが、こうして われわれ、雪灯篭祭りを楽しんだ後のマグロの刺身での夕の食事は
陰で苦労をしているんだな と これも妙に感じいり、雪片付けなんて 大間の猟師に比較したら めだかを取るようなものだと
自分を納得させ、防具を備えて 庭の雪の海にでる読書感想文のパクリ主である。

posted by hosi at 05:43 | 東京 ☀ | 読書感想文