福島と方丈記 

「方丈記」に学ぶ 心の在り方 玄侑宗久 著 を読んでいて 福島の方々の 他人から頑張れと 言われることが
なんかと しっくりしない こともあるだろうと考えてしまった。

 福島の方々にとっては頑張れといわれても といいたいところである。


本書を読んでいれば 福島の方々も 別な角度から生きる 力 否 本来の力を選別して確認できるような気もする。

 時に自分も 文明からくる 精神のさまざまな飾りのついた鎧 時に おろして 気軽にコンパクトな 作衣で生活してみたいが・・・

posted by hosi at 06:25 | 東京 ☁ | 読書感想文