シビレルぜ 太宰治の「正義と微笑」

太宰治の「正義と微笑」のなかから・・・。

「・・・お互いに、これから、大いに勉強しよう。
 勉強というものは、いいものだ。
 代数や幾何の勉強が、学校を卒業してしまえば、
 もう何の役にも立たないものだと思っている人もあるようだが、大間違いだ。
 植物でも、動物でも、物理でも化学でも、時間のゆるす限り勉強しておかなければならん。
 日常の生活に直接役に立たないような勉強こそ、将来、君たちの人格を完成させるのだ。
 何も自分の知識を誇る必要はない。
 勉強して、それから、けろりと忘れてもいいんだ。
 覚えるということが大事なのではなくて、
 大事なのは、カルチベートされるということなんだ。
 カルチュアというのは、公式や単語をたくさん暗記していることではなくて、
 心を広く持つということなんだ。
 つまり、愛するということを知ることだ。
 学生時代に不勉強だった人は、社会に出てからも、かならずむごいエゴイストだ。
 学問なんて、覚えると同時に忘れてしまってもいいものなんだ。
 けれども、全部忘れてしまっても、
 その勉強の訓練の底に一つかみの砂金が残っているものなんだ。
 これだ。これが貴いのだ。勉強しなければいかん。
 そうして、その学問を、生活に無理に役立てようとあせってはいかん。
 ゆったりと、真にカルチベートされた人間になれ! これだけだ。俺の言いたいのは」

 太宰はポイントをしっかり ついていたんだね・・・ さすがだね 尾崎みたいだね・・・。
posted by hosi at 22:30 | 東京 ☀ | 読書感想文