冬休みの読書感想文

ものを書くということは思考を固めるということでいいことなのかな。

 さて、年賀状の季節となったが、こうして 昨年の年賀状 もらった人のをみて 書いていると
昨年はもらったとき なんとも 考えなかったが 最近 お世話になったよな この人には
こんなところ あんなところ と思い出すようになってきた。 一生のうちで 自分の動ける範囲は
ごくごく かぎらてたところであるが 思考の上では 宇宙の広さを しのぐ 広さでいたいものであるよ。

さて、今年の冬の高校生 中学生の 読書感想文 何にするか そろそろ 図書館 本屋に行って
ぱらぱら 眺めてこようか CDや名画で 先取りして 筋をみて おくのも いいであろうか。
本当の 極意 楽しみは 本の文字が奏でる音から 絵の創造であることを重々 知っておいてほしい。
さて、今年の年賀状の 一言文面 読書のパクリから得られた あなたの大賞 言葉ありましたかな。
posted by hosi at 04:41 | 東京 ☀ | 読書感想文