俳句の秘法 鷹羽狩行 著

図書館に行って 俳句 川柳の本を借りてくることが 多くなり こうして定年間じかになると 面白み を 欲している 自分に気がつくことがある。

俳句の秘法 鷹羽狩行 著


俳句の添削指導本である。なるほどね と思うことがある。読書感想文のパクリの読者たちは大いに
参考にするところもあると考える。


たとえば、
「影もまた波に預けて浮寝鳥」 


「夢もまた波に預けて浮寝鳥」

の方がいい。とか言う具合の説明の入った
添削である。その昔 赤ペンは 君を鍛えるという 受験添削があったが その当時 小生も続けていたら
もっと文章書くのが うまくなっていたのかもしれない。
posted by hosi at 18:22 | 東京 ☀ | 読書感想文