お盆にちなんで

先祖を祀ることはいいことである。

お盆が近づいているが、どんな本を読もうか。心の中で大人になろうなろうと焦っている
吾人もあるであろうが、夢の中で どっかり構えて よけいなことをするなと 先祖が諭してくれた。夢の中で。人は心の不安を拡大させようとする習性があるが、無視すればいいのであろう。対抗しようとするなということである。しかし、夢もまた 生きるにあたって 普段自分が考えていることが思想の昇華という蒸気になって枕元に出ているのかもしれん。さて、芥川龍之介の夢の言葉を読んでみようか。あなたとそんなに変わるところもないと思うが読書感想文を書いてみるのもいいであろう。あなたの夢の言葉と対比して・。
侏儒の言葉 芥川龍之介

















posted by hosi at 05:20 | 東京 ☁ | 読書感想文