津軽の汽車

あれから もう何年たったのであろうか。セピア色の青春時代 未来があった学生時代

汽車通学の時代であった。今朝の俳句で

「招くとも送るとも見え 花房のふぢ揺れやすき 津軽の沿線」
                                                                                               山本 とあったが

読書感想文のパクリ主は これを

「招くとも 送るとも見え 花房の藤触れ易き 能線かな」
                                                                                   読書感想文のパクリ主

としてみた。
学生帽をかぶって 無心に車窓から手を出して海岸段丘に生える 山の手の
蒸気機関車と接触するまで成長している野生の藤に手を伸ばして 触れようとしている
光景である。学生の無心のありように対して あのころの藤は祖母と同じく
おお よぐ来たな もしくは 元気で体に気をつけてな とも 野藤は言っているようである。


太宰治の「津軽」の 読書感想文をこの夏書いてみませんか。 あの頃である。お盆にちなんで祖先の祖母や祖父の供養と考えて 一筆 貴女の筆を下ろしてください。
posted by hosi at 05:22 | 東京 🌁 | 読書感想文