映画化された文学書

レンタルで借りてきて文学書を読んだことにして読書感想文ではどうか。

日本文学

伊藤左千夫野菊の墓井上靖おろしや国酔夢譚・敦煌・天平の甍・風林火山・しろばんば・氷壁など遠藤周作海と毒薬・深い河大岡昇平事件・花影・野火・雌花・武蔵野夫人小川洋子:博士の愛した数式川端康成伊豆の踊子・雪国・眠れる美女など貴志祐介:黒い家桐野夏生OUT小松左京日本沈没・エスパイ・復活の日・さよならジュピター・首都消失鈴木光司リング・らせん・仄暗い水の底から瀬名秀明パラサイト・イヴ谷崎潤一郎細雪・痴人の愛・白日夢・鍵など高村薫レディ・ジョーカー・マークスの山竹山道雄ビルマの竪琴筒井康隆ジャズ大名・時をかける少女・日本以外全部沈没・パプリカなど壺井栄二十四の瞳野坂昭如火垂るの墓東野圭吾:手紙・秘密・変身水上勉飢餓海峡宮部みゆき:模倣犯

三島由紀夫潮騒・鹿鳴館・金閣寺・憂国・剣・豊饒の海

村山由佳天使の卵-エンジェルス・エッグ山田宗樹嫌われ松子の一生リリー・フランキー東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜
外国文学
イギリス文学

ウィリアム・シェイクスピア
ハムレット ロミオとジュリエットアメリカ文学
アーネスト・ヘミングウェイ:
武器よさらば 老人と海

ドイツ文学トーマス・マンベニスに死す

posted by hosi at 19:42 | 東京 ☀ | 読書感想文