今年ほど柿が害虫にやられた年はなかった。アメシロシトリである。虫駆除業者に頼んだが天候が
どうのこうのといってなかなか来てもらえず、まあ、頼んだ小生も 妻が毛虫が嫌いで 小生も押されたのが原因で
対処するのが遅かったのもあるのだが。。。、
それでもって 青柿が地におちてしまった。 葉のない青柿が枝にくっついてはいるがはたしてその青柿が橙色の
柿になるのか 疑わしい・・・。

「人減って 村中の柿 熟すなり」 水田

人は忙しく立ち回り 見ていないところは多くある、意外なところで成長しているのに
この柿もあったよな きっと何個かは口に入れたいが・・・・。なってくれよな、

-----地空大作戦----


昔 福島の柿を送ってもらった女性がいたが、今どうしているのであろうか。

「核の火や 塾柿を包むうすき皮」上原
posted by hosi at 03:40 | 東京 ☁ | 読書感想文