ヒックス粒子 講談社

ここで理系の本を持ち出すのもなんだが、原子よりも中性子よりも小さい素粒子がもっともっとあるという、それらはいったい
波なのか 粒なのか いくら読んでも素人頭には理解できない ヒックス粒子 講談社 秋の読むべき本である。

いつかは本の気持ちも分かってくれるであろうと この本の著者は考えているであろうか。 繰り返すよりも 多くの種類の解説を読んでみようと思う。
それにしても 専門家は簡単に解説するが こんなにも人に理解させることが難しいと思っているのであろうかこの本の著者は・・・。
posted by hosi at 18:07 | 東京 ☀ | 読書感想文