文芸の条件 森村誠一 著 講談社

自分が文章を書くのに 少しでも 足しになったらと思い、読んでみた 本である。>「私にとっての青春は永遠の未知の狩猟である」  

 「母さん あの麦わら帽子 何処へ行ったのでしょうか」と あの当時
流行語になったよな。

 そんな青春の感覚を 取り戻そう いや 残っているはずであるからにして
旅に出てみようか。

 何かを感ずるはずである。この本は 比較的 読みやすい 本である。 作者の
人となりを見ることもできるであろうし、作家になるための いろんな肥しの
つけ方の方法も 得られるであろう。
strong>
posted by hosi at 04:16 | 東京 ☁ | 読書感想文