十三湖の夜空

小生は青森に住んでいて 十三湖に行ったことはあるが、十三湖の夜空は見たことはない。
青森県では岩崎の夜空がきれいだというが、十三湖の夜空も綺麗であろう。

そんな中、今朝の新聞ではこんな俳句があった。

「のうぜんや 塔婆のごとく 風垣 立つ」 角川


それこそ 風雨にさらされて白っぽくなり、かしがっても立っている様は、
親がいつまでも 子供のことは案じているよというような そんな抒情を感じさせてもくれる

この夏の日に津軽の十三湖の夜空の星たちは 科学でみる 星よりも 真実を
我々に教えてくれるようだ。
 
posted by hosi at 04:59 | 東京 ☁ | 読書感想文