山葵

小生の故郷は山と川と海がすぐそばにあったところである。

祖父の酒のつまみといえば、今頃は山葵であった。 こちらの地方では とろろ(芋)とわさびを小鉢に入れ
醤油をさして食うのである。






酒のつまみには わずかの味噌があればいいのと 同じ感覚である。


家の裏側に湧き水の出る沢があり、 そこの斜面に 生えているのである。 

「まな板で こめかみ刺され 山葵(わさび) 香な」

読書感想文のパクリ主


「箸でつく 小鉢の山葵 しぶときや」

読書感想文のパクリ主


「山葵食う 初心になれと 喝もらう」

読書感想文のパクリ主
posted by hosi at 04:49 | 青森 ☁ | 読書感想文