山の幸

 あんなに雪があって 桜をまって 其れも終わった。もう 五月になった、月日の流れるのは 早くなった。

山菜の季節がやってきた。 東京の方はミズ、ワサビ、タラの芽までは わかるであろう。 だがしかし、ボンナ、シドケ などまで

といったら わからない方が多い。

 春山の香の山菜である。 山の幸の王様である。



「山の幸 食える倖せ ボンナ香な」  

「蜘蛛の巣も まず初めには 見取り図を」

「川沿いの 菜の花の色 際立ちて」

読書感想文のパクリ主
続きを読む
posted by hosi at 05:22 | 青森 | 読書感想文