イスラーム教徒の言い分 ハッジ・アハマド・鈴木 著

イスラム国の過激な報道がなされているので それらの ことを申し越し 知っておかねばと
借りてきたのが この本である。 著者は日本人ではあるが 父などの関係で イスラム教に
改宗となったとかが 書いてあり 今のイスラムの ことを語ってくれている。

内容ではイスラム教そのものは肯定的に書いてある。我々 日本人と違うところは 結構
気候などからの影響の違いもあるもんだなとと思う。

名前の付け方も 昔の父親の名前を遡ってつけてゆくところ、イスラム歴などの暦の違い、なぜに女性は
黒頭巾を被るか などなど 文化の違いの原因などを解説してくれている。

しかしながら 今の過激主義は間違いだとしている。小生 思うのだが 日本は宗教と政治は 分離しているが
あちらでは そうではないから ややっこしいところも あるのかな とも思うのである。

地元の最近の各書店の売上本に イスラムのことについて 書かれている書籍名が 顔を出すことがあるが
教養として 読んでおいてもいいのではなかろうか。

イスラムに対する偏見も説かれるかもしれない。本を読む限り イスラム教を行えば平和で 自由主義だけがいいようにも思えなくなるところもある。(貧富の差の拡大など)。
しかし、この毎日の中東での 悲しいニュースは イスラム教では治せないのかとも 思てしまうのである。 

posted by hosi at 05:00 | 青森 ☁ | 読書感想文