松島

先週 松島を経過してきたが、そこで遊覧船にのった。かなりの観光客であったが、天候が良かったのでつい気軽に乗ってしまった。

グリーン席も立たなければならないほどの盛況といっていいのかどうか、ある意味 客のことを考えない 商売気が先に立ってしまっていた最近の日本人の心に多少 悲しくなった・。そんな中、以前 これらの島々でも住んでいる人がいると聞いてはいたが、あの津波で もう島からの立ち退きを余儀なくされたんだろうなと女房と船の外からみていたら、 何か所か また同じところに住んでいたようであった。島の被害状況はどの程度だったかは知らないが人間の強さとはすごいものであるとも感じた。

「松島や 離れ小島に ある暮らし 岩に生えたる 松の根踏みて」 

読書感想文のパクリ主

小さいながら ひょっこりひょうたん島のような 人として 素朴な原点に返れるのかも ここではできるのかもしれん。

松島に於て芭蕉翁を読む

北村透谷







posted by hosi at 04:28 | 青森 ☁ | 読書感想文