平凡と普通の良さ

良寛が言っていた 災いが来たときは それはそれなりに 天命だと思って迎えればいい。


  夏の風 緑の草木 青き空
posted by hosi at 07:33 | 青森 ☁ | 読書感想文