バラの花

道路を歩いてゆくと 時に舗装のコンクリートにバラの花びらが毀れている家がある。 まだ色付きもあり、落ちなくてもいい色合いなのに
紅色の濃い薔薇の花弁は落ちているのである


「薔薇の花 落ちても踏めぬ 香を放ち」 

読書感想文のパクリ主

ばら
タグ:季語
posted by hosi at 03:47 | 青森 ☀ | 読書感想文