パナバ帽

今頃の季節、小ざっぱりした祖父のかぶった夏帽子を思い出す。 戦争に行った、祖父にも 男として それなりの粋を出したかったこともあったであろう。小生もこの夏 半分 人生用事 半分遊びで 南に下るが 暑いであろう。

「遠出して ここではいいさ パナマ帽」 

読書感想文のパクリ主

posted by hosi at 05:08 | 青森 ☀ | 読書感想文