津軽の風景と川柳

女房と日本の名湯100選の黒石の 「鶴の湯」にいってきた。午後から曇りになるというので
八幡平 八甲田にはいかなかったが、さぞかし そちらの方は紅葉であったであろう。それでも
温泉までの両脇には紅葉の木が多数あって 俳句のまねごとを考えていた。

「猫苅田 カラスと遊ぶ 案山子あり」

「夕陽浴び カヤの筋雲 空にあり」

「里の秋 木立の影は 田に伸びて」

「空の下 苅田はすでに 絨毯に」

 読書感想文のパクリ主




ノーベル賞のニュースが流れているが
川柳もつくった。

「重さには 心はあるか ニュートリノ」

読書感想文のパクリ主



タグ:俳句
posted by hosi at 18:12 | 青森 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想文