冬の星

ああ、自分もここまで生きてきたわい。あと10年だな そして後の10年はさらに生きていても誰かの世話になるのかな、こじんまり 身の周りは簡素にして 誰かの役に立ちたい、今日は女房に内緒で もう昔 退職した 職場の女の一人暮らしのところに行ってみるかな。

小生がなくなったあとも 冬の星はこうして誰かを見つめてくれているんだろうか・・・。













「冬の星 風に揺れても 留まりて」

読書感想文のパクリ主


posted by hosi at 06:30 | 青森 ☔ | 読書感想文