葉牡丹

当初、葉牡丹がわからなかったとき 小さなキャベツでマヨネーズかけて食うもんかとも思っていたが、銀粉を巻いていたのをみて 観賞用なのかと初めて思った花である。


よかったな 野菜から格上げされて 愛でられて・。




葉牡丹の一枚いかる形かな


原石鼎 「花影」



二株の葉牡丹瑠璃の色違ひ


西山泊雲 「泊雲句集」



葉牡丹の深紫の寒の内


松本たかし 「松本たかし句集」



葉牡丹に鉢の木をこそ謡ひけれ


松本たかし 「松本たかし句集」



「山の宿 葉牡丹に松 飾れおり」


読書感想文のパクリ主



詩ノート

宮沢賢治

posted by hosi at 05:43 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想文