中国に思う。

中国には行ったことはないが、中国の方は最近日本ではこの津軽でも見かけられるようになった。南シナ海での海洋進出の仲裁裁判での×は
世界から取り残されるということになるんであろう。俳句を作るようになった小生にしてみれば、あんなに自然の多い見事な国が
このような日本に盆栽がいいとか道路が綺麗だとか空が住んでいるとかで 国民が親切だとかいって珍しがってくるのが不思議である。
思えば海洋進出も浅はかな自国の誇示ということになるのかもしれない。中東の難民にしろ 中国の田舎の農民の人にしろ 政府と国民の心の平和の隔たりは何から来るんであろうか・。我々日本人は中国のことを先祖であるとも思っているが、欲を捨て 自然に帰ることが もっと大きな宇宙にも繫がることを早く知って欲しいものである。


「青き空 夏の鳥行く 岩木山」
posted by hosi at 04:23 | 青森 ☀ | 読書感想文