源義経の守り刀と同銘の短刀 三条宗近 の展示

今日は青森県弘前市に出向かなければならなくなった、娘の必死の願いで源義経の守り刀と同銘の短刀 三条宗近 の展示を
見に行って情報を集めてこなければならなくなったのだ。

本物だそうだがロマンは尽きない人物である。


去年 友人と三厩の義経寺に行ったが 浜の高台にその寺があったが、その下では大きな岩があり、そこに馬を繋いでいて、その馬で海を渡ったとか・・。躑躅も近くの公園にあったような・・。




「義経と 海を目指した 躑躅あり」









弁慶も出てくるが テレビなんかに出てくるのと多少違っていたが、義経もそうだが どう違っているのかは
読んでのお愉しみ・・。 さて、写真は納められそうもなさそうだが ロマンのパンフレットは沢山あるんだろうな・。


タグ:源義経
posted by hosi at 04:43 | 青森 | 読書感想文