春紅葉


義経の刀を作った方と同じ人の彫りの名前があった。かなり伝説のものとの情報が合致していた。とにかくガラスケース越しにみたが、輝いていた。義経自身が持っていたどうかは知らないが、日本ではこれしかないようだ。白い手袋で鞘だけにはさわらせてもらった。意外とこれは軽かった。 牛若丸というところか・。展示室の外は春もみじともいわれるのか出猩々がなびいていた。彼らも血潮が掻き立てられるのであろう。







posted by hosi at 04:47 | 青森 | 読書感想文