短日

日も短くなったものである。 何故か 寂しい。 年老いて 図書館から本を借りてきて 返さなければならず、読み終えていなくとも

返してしまうと 部屋の周りが寂しく、それに加速して 日も短くなるとなおのことである。


短日や 読書の灯り 閉ざさせて

読書感想文のパクリ主


短日や 棟梁の声 あらけなく

池下








posted by hosi at 06:46 | 青森 ☀ | 読書感想文