花火








花火を観るに出向くには あまりにも人出は多く、女房にせがまれても ステテコ姿で ビールを片手に その花火の音を聴いている読書感想文のパクリ主である。


「遠く咲く 花火の音を 酒に聴く」 



悟るとは 世に出ようが出まいが 平然と生きてゐることであると 小生は近頃考えている。


posted by hosi at 03:35 | 青森 ☀ | 読書感想文