踏み絵

遠藤周作の映画で出てきた踏み絵だが 俳句の季語だという。調べてみたらキリシタン禁制の江戸時代、信徒が多かった長崎などで毎年正月から三月頃まで、幕府・奉行所が住民全員にキリストや聖母マリアの描かれた絵を踏ませた。信徒か否かを確かめ、踏まなかった者は処罰した。最初は紙や板だったが、大勢が踏むので、擦り切れにくいように真鍮製のものまで登場。開国後の一八五八年、オランダ人の要請で中止されるまで二百三十年間にわたって続けられた。とあった。沈黙の映画では信心はあるが生きるために踏む男があったが小生にとってはさほど違和感はなかった。生きるとは死ぬことではないと割り切れば・・・

まあ、小生も汚れていっているのであろうか都合よく解釈しているところを見れば・ 


 墨を磨り 硯に踏み絵 浮かぶ今 読書感想文のパクリ主



苗代の泥足はこぶ絵踏かな              正岡子規 「子規句集」



足袋はかぬ天草をとめ絵踏かな       青木月斗 「時雨」




posted by hosi at 04:09 | 青森 ☔ | 読書感想文