台湾の主張

李登輝の話をテンミニッツで聞いたので 今の中国の 本当のあるべき姿というか 欠陥を補う意味で どうすべきかも考えるうえで
参考になるだろうと思って 借りてきたが 一般の書庫にはあらず 特別の書庫にあったものを借りてきたものである。

 まあ、今回は台湾はコロナで被害が少なく ある意味 進んでゐた国家だとも考えてゐるが 読み終えたら また感想文をここで
書いてみたいと思う。笹森儀助の伝記によれば 台湾も 昔日本に占領されていた時代もあったが 中国 朝鮮みたいな 被害もあっただろうが
逆に 日本のお蔭で 発展したところもあってか 国民的感情は 悪くはないと感じているが 読み終えたら また感じは違うことになるのかもしれん。


タグ:台湾の主張
posted by hosi at 06:56 | 青森 ☁ | 読書感想文