温泉ことはじめ

年明けて 湯けむり静か 津軽の地 

女房と今年初めて 温泉に行ってきた。花の湯である。ああ、山の煙にまじって 湯煙もまた いつになく厳かである。明日 東京に帰る娘には 近くには温泉がないという。今日 テレビであった 箱根までいかねばないとのことだ。

さすれば 津軽 この青森県は恵まれてゐることに感謝である。




posted by hosi at 16:59 | 青森 ☁ | 読書感想文