裸木

裸木に 小鳥はさらに 気丈夫に





宮刑に処せられた司馬遷 命を懸けて書くと 史記のような書物ができるのである。

いろんなものが詰まっている 書物であるが 本棚に飾ってあるが なかなか手ごわい書物であるが

しかしこれ程 人間に影響を与えるものも少ない、3人の人によって 評せられる論壇形式の本である。

まだ 読んでいない小生にとっては入門書といってもいいかもしれない。人間の・・。
タグ:俳句
posted by hosi at 23:43 | 青森 🌁 | 読書感想文