苗代と春泥

苗代 春泥 どちらも春の季語 どろといえば 汚いというイメージもあるが、そこには野菜などを作るための成分が多く含有されていることは否定できない。今でこそ 人肥を畑に振りかけることは少なくなり、化学肥料とったが 自然農法というのは長年の人間の知恵であろう。小生は野菜を作るとき まめに雑草を根だけ残して 雑草の葉っぱや茎などを刈り取り それを肥やしの自然堆肥農法とする方針である。

苗代や 生ける影武者 水すいて




タグ:俳句
posted by hosi at 05:53 | 青森 | 読書感想文