努力して報われなくても継続

最近の世の中のニュースをみて 感ずることは 〇〇 横綱がどうしかして○○になって新聞などを賑わしているが、その名を知られてしまえばかえって目立ちすぎて その後 転落してゆくしかないのかなと思うことがあることである。出世 出世と騒いでいても結末はかえって 凡人で暮らしていた方がまだましだと いまの彼らも思う時があるかもしれない。
老子の自然無為はそんなことを防ぐためにも読んでおいた方がいいのかもしれん。人の集まり会は 程ほどに、口数も迷惑かけない程度に多くなく、趣味で自分の世界を持つのもいいのかもしれん、しかしながら 世を避けてばかりも生きていけん。徒然草をもう一度 読み直してみて 人生をリフレッシュしてみようか・・・。泥臭いが 確実に役に立っている行いを再考してみようか

posted by hosi at 05:52 | 青森 ☁ | 読書感想文