最近の政治のニュースをみて

確かに公正でないことはよくないことではあるが、加計問題にしろ 国の特区ということにしたならば 当然 公人の依怙贔屓
というニュアンスも裏では隠されているのではなかろうか。 そんなことに いつまでも こだわってワイドニュースを毎日
言った言わないなどの話題ばかりで肝心の政治問題は政治家によってなされていない姿は 平和ボケというかなんというか情けない。
もっと 地方の過疎化対策とか若者の雇用で給料を挙げて結婚できる世の中にすることなどやるべきことはあったのではなかろうか・・。東京の金のかかる 豊洲 オリンピックの問題ばかりではなく もっと繕わなければいけない日本の部分もあるのではと思う今日この頃である。
青森県では木村太郎氏がなくなったが 若くして亡くなったのは青森県にとっても偉大な損失である。地方再生でもっと形のある日本の地方のためにいいことを成就してくれる人物が再び出てくることを期待したいところである。合掌


庭に咲く ニッコウキスゲの 可憐さよ





   
posted by hosi at 05:25 | 青森 ☁ | 読書感想文