毛豆

キャベツなんかは虫に食われて せっかく植えてもだめになった。虫とは恐ろしいものである。そんな中 毛豆は虫に食われず
逞しく生きて成長している。本で読んだことがあるが 何か虫が嫌がる 香りでも成分でもあるのであろうか。そんな毛豆でも 時に 穴が開いている場合がある 虫である。 小生はそんな虫に、そんな毛豆になりたい。質素に生きて 目立たぬ小さなことにも喜びを見出しているからである

毛豆も おお 儂でもうまいか なら たんと食え と 毛豆も喜んでもいるようだ

                   虫食われ 毛豆の葉っぱ 笑み一つ

 



posted by hosi at 05:44 | 青森 ☀ | 読書感想文