葉桜

桜も散って 葉桜となり 桜はせいぜい 柳の桜か八重桜であるが、人の視線も気にせず それこそ桜の葉っぱが自由に解放されたような緑は
何かこう むしろ自分が落ち着くところの 自由な平和というものに ふさわしいものなのかなと考える。世間の注目を浴び 容がいい時はいい気分ですごしていたが、崩れたとき、そのあつき視線が矢の視線に変わるのが世間というものでもある。

人の目は  風につれされ 葉桜や 


北朝鮮政府も 今回から本気で北朝鮮の国民を幸せにして 世界の普通な生活ができればいいのだが・・。そこでの葉桜は本当に美しいのであろうな・。



【中古】 北朝鮮の暮らし 浮浪児と美女軍団 / 宮塚 利雄 / 小学館 [文庫]【メール便送料無料】【あす楽対応】 - もったいない本舗 楽天市場店
【中古】 北朝鮮の暮らし 浮浪児と美女軍団 / 宮塚 利雄 / 小学館 [文庫]【メール便送料無料】【あす楽対応】 - もったいない本舗 楽天市場店
posted by hosi at 06:25 | 青森 ☁ | 読書感想文