戦乱と文化の興隆

昨日 図書館に行くついでに 公園にもよってきたが 当然 いまだ桜は咲いてはいなかったが ロトウ桜というのは咲いていたのがあった。
一番驚いたのは 桜祭りに備えての出店の支度が 着々と進んでゐるようだった。コロナで店数が少なくなってゐると思いきや
従来通りの出店の数に見えたわい。 秋田も岩手も桜まつり 中止というのに 大丈夫なんかいなとも 考えてしまった。 東京などの他県から人がきてクラスターなど必ずできるなと考えた。まあ、小生はサクラ観はせいぜい 車で堀を廻る程度にして どうしてもというなら 山桜ということにすることにと意思を固めたしだいである。

さて、この前読んだ歴史もんが面白く 戦乱と文化の興隆という 本を今度は借りてきて 読んでゐるが やはり 面白い。 これで昭和 平成まで突っ走ろうかと 考えてゐる。 歴史掌握にいい本である。



渡部昇一「日本の歴史」〈第3巻〉戦国篇―戦乱と文化の興隆 - 渡部 昇一
渡部昇一「日本の歴史」〈第3巻〉戦国篇―戦乱と文化の興隆 - 渡部 昇一

桜芽を 鷽が狙うか 空を見る
posted by hosi at 06:54 | 青森 | 読書感想文