底辺でも楽しく生きる

まあ、宮沢賢治のアメニモマケズのように デクノボウトヨバレテモ それはそれなりに マイペースでその環境を整えて
生きてゆくのがいいのではないかな 競争ではなく 人生を 展覧会の絵画を見てあるくように 自分の感情をあまり出さずにだ。

 敵もなく小欲で それでいて自分の楽しみをもって マイペースで笑いながら生きてゆくのだ。そしてまた 今こうして生きているだけでもあり難いと感謝して生きるのがいいのではないであろうか。

趣味で司法書士の資格も取りたい そこには世間のドラマを見ることもできるであろうし 人生を知ることもできる。

量子力学にも凝ったが 量子力学は結局は良くわからないというファイマンの結果であるが小生もそう感ずる。

ガロア理論ならやるだけの知の喜びはあるであろうよ。これは毎日 朝 ソファーにゴロンとよこになって読んでゐるのではなく本を眺めてゐる。

マルクスの伝記も読んでゐるが 難しい ただ 苦難 苦悩の人生から 様々な心理になる環境に置かれていたんだろうなということは予想がつける。

この前から パソコンでコンピュータプログラムのパイソンをならっているが もちろん独学であるが プログラムの結果が反応されれば嬉しいものである。まあ、継続して突っついてゆけば何かにぶち当たるではあろう。

論語などの古典を手元に置けば レールからあまり離れないで羽目を外さず生きることができるかもしれない。

Well, like Kenji Miyazawa's Amenimo Makezu, Dekunoboutoyobaretemo, which prepares the environment at its own pace.
I think it's better to live, not competition, but life, as if you were looking at the paintings in the exhibition, without expressing your feelings too much.

My ideal is to have no enemies and greed, but he still lives with his own enjoyment, laughing at his own pace. And again, I think it would be better to live with gratitude that it is difficult to just live in this way.

I want to get a qualification as a judicial scrivener as a hobby. You can watch the drama of the world there, and you can know your life.

I was also elaborate on quantum mechanics, but in the end it was Feynman's result that I did not understand quantum mechanics well, but I also feel that way.

With Galois theory, there will be the joy of knowledge to do. This is every morning, instead of lying down on the sofa and reading, I look at the book.

It is difficult to read Marx's biography, but it can be expected that he would have been placed in an environment of various psychology from his life of suffering and suffering.

I've been following the python of computer programs on my personal computer for some time, and he's self-taught, of course, but I'd be happy if the results of his program responded. Well, if you keep poking, you'll hit something.

With classics such as The Analects at hand, he may be able to live on the rails without getting too far away.


マルクス(上):ある十九世紀人の生涯 - ジョナサン・スパーバー, 小原 淳
マルクス(上):ある十九世紀人の生涯 - ジョナサン・スパーバー, 小原 淳
posted by hosi at 05:32 | 青森 🌁 | 読書感想文