たくあん

沢庵漬け、まあ小生にとっては食事には漬物がなければならぬものである。沢庵という人物、江戸時代のお坊さんであったそうだがその本を読んでいる、犀の角のごとく一歩を歩めという本のサブタイトルである。 読んでみると、座禅、書画、詩文に通じ、茶の湯(茶道)にも親しみ、また多くの墨跡絵を残していたようだ。日本の過去からの伝統の原点がわかるような気もする。漬物と言うと大根は代表格だが、この本を読んでゐると日本文化のルーツを知るようなものと同じだ。一方、沢庵漬けの由来というのは諸説があるようだが、彼が発明したという話もあるが嘘か真かはわからない。でも読書というものは横のつながりを広くし、それが原因でまた空想から面白い創造まで掻き立てていっていいものである。本を読んで脳の醸成を待とうか。

Takuan pickles, well, for me, pickles must be in the diet. It is a subtitle of a book called Sawaan, who was a monk in the Edo period, but who is reading the book, taking a step like a rhinoceros horn. When I read it, he was familiar with zazen, calligraphy, and poetry, was familiar with the tea ceremony, and left many ink paintings. I feel like I can understand the origin of Japanese tradition from the past. When it comes to pickles, radish is a typical example, but reading this book is like knowing the roots of Japanese culture. On the other hand, there are various theories about the origin of Takuan pickles, but there is a story that he invented it, but I don't know if it is a lie or true. But reading broadens the horizontal connection, which can inspire from fantasy to interesting creations. Do you read a book and wait for the development of your brain?

澤庵―犀の角のごとく一人歩め - 宗健, 泉田
澤庵―犀の角のごとく一人歩め - 宗健, 泉田


 樽を開け タクアン起こす 冬の小屋
posted by hosi at 05:16 | 青森 ☁ | 読書感想文